肝臓の数値が悪い、高いので、治したい方へおすすめのサプリはコチラ!

肝臓の数値が悪い、高いので、治したい方へおすすめのサプリはコチラ!

 

当サイトは、肝機能が異常な方や血液検査の数値が基準値を超えた方、肝臓に関して関心や不安のある方に役立つ情報をお届けしたいと思います。また、肝臓・胆道系疾患に関係する血液検査項目についてもわかりやすくご説明しています。

 

肝臓の働き

 

まずは、肝臓の働きを確認しておきます。

 

肝臓は、500種類以上の仕事を黙々とこなしていますが、主な働きとして以下のようなもの、特徴があります。

 

  • 体内に入ってきた栄養素を身体が吸収しやすいように化学変化させたり、毒性のモノが入ってきた時に解毒
  • 再生能力や障害に強い上、病状が悪化してもあまり痛みを訴えないことから「沈黙の臓器」と呼ばれてる
  • そのため臓器の中でも特に肝臓に関しては定期的に診断を受け、「数値」で状態を把握することが大切

 

肝臓については気を付けるべき血液検査の数値

 

AST(=GOT)とALT(=GPT)

 

AST(=GOT)とALT(=GPT)は、主に肝臓の中にある肝細胞で働いている酵素になります。厳密に言えば、AST(GOT)は、肝臓の細胞以外にも心臓の筋肉や手足の筋肉、赤血球などにも含まれ、ALT(GPT)ほとんどは肝臓に存在する酵素になります。

 

これらは身体に入ってきた栄養素をアミノ酸に変換して、身体を動かすエネルギーを作りだしていますが、何らかの 障害(アルコールや過食、ウイルスなど)を受けると肝細胞が傷ついて、AST(=GOT)とALT(=GPT)が血液中に流れ出してきます。基準値は、AST(=GOT)が10〜40IU/L以下、ALT(=GPT)が5〜40IU/L以下となっており、数値が高いほど肝細胞へのダメージが高くなります。

 

もしも、これらが50IU/Lを越えていると脂肪肝などなんらかの障害が起こっている可能性が高く、100IU/L以上だとウイルス性肝炎や肝硬 変の疑いがあります。ただしAST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在するため、ASTだけが高い場合は、肝臓以外の臓器に異常があることが考えられます。

 

(※)従来は、「GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)」、「GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランス アミナーゼ)」としてましたが、近年GOTを「AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」、GPTを「ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)」 に国際的な標準に合わせて変更しつつあります。

 

AST(=GOT)とALT(=GPT)の関係

 

ALT(GPT)>AST(GOT)となれば、脂肪肝や慢性肝炎を疑います。また、AST(GOT)>ALT(GPT)となれば 肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞などが疑われ、AST(GOT)の数値が高い場合は、 肝臓の病気だけでなく、心臓などの病気の可能性も出てきます。

 

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)

 

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は肝臓や腎臓などでつくられる酵素で、ALT(GPT)とAST(GOT)と同じようにエネルギーの代謝を助け、タンパク質の分解や合成をする酵素です。主に肝細胞や胆管細胞、腎臓で働いていますが、大量のアルコールが肝臓に入ってくると、その処理に追われて γ-GTPの量も増えてしまいます。増えてしまったγ-GTPは血液中に漏れ出すため、肝臓が弱まるとこの数値が高くなります。

 

基準値は、は70IU/L以下が理想であり、γ-GTPは肝障害の中でも、アルコール性の脂肪肝・肝炎に反応しやすいのが特徴です。γ-GTPの数値が高くても100以下であれば、禁酒などお酒・アルコールを控えることで正常値に戻ると考えられます。この数値が100IU/Lなら脂肪肝、200以上IU/Lならアルコール性肝炎・肝硬変まで進行している可能 性が出てきます。全くお酒を飲まない人でもγ-GTPは高くなることがあり、胆道系の病気などでも高くなりますので注意しましょう。また、アルコールを飲まないのにγGTPだけ高い場合は、非アルコール性脂肪肝(NASH/ナッシュ)の疑いがあり、糖質のとりすぎによるものです。

 

ALP(アルカリフォスファターゼ)

 

これら以外にも「胆汁うっ滞」という胆汁の流れが悪くなっていないかをみる「ALP(基準値100〜325IU/L)」があります。このアルカリフォスファターゼは、肝臓・腎臓・骨などで作られる酵素で、肝臓から胆臓に流れる胆管が詰まると、逆流を起こして、血液中のアルカリフォスファターゼ濃度が高まります。

 

ALPのみ上昇の場合なら、肝臓含め、他の臓器の精密検査が必要で、ALPとγGPTの両方が高い場合は、 アルコール性の肝障害の疑いがあります。

 

 

血清ビリルビン(T-Bil)

 

このビリルビンは、赤血球が寿命を終えて、分解された時に、肝臓→胆臓→小腸に胆汁となって流れるものです。このとき、肝臓に機能障害があると、血液中のビリルビン濃度が高まります。 ビリルビン値が高いと、肝臓・胆道などに異常がある可能性があり、精密検査が必要になります。基準値は、0.2-1.0(mg/dl) です。

 

特に、黄疸がある(白目や肌が黄色がかる)、尿が茶色になるの症状があると、肝炎、胆管結石などの疑いが高まります。

 

LDH(乳酸脱水素酵素)

 

LDH(乳酸脱水素酵素)は、肝臓を糖質に変える時に働く酵素で、体中の細胞にある酵素です。
LDH(乳酸脱水素酵素)の血中濃度が高い時は、肝臓などの機能が低下しており、急性肝炎、肝臓がん、心筋梗塞などが疑われます。LDHだけの値では、どの臓器に問題があるかわからないため、他の検査値を見たり、精密検査をする必要があります。基準値は、120-200(IU/l)となっています。

 

LDHが基準値〜800IU/lの場合は、肝疾患、腎疾患の疑いがあり、LDHが800〜1500IU/lの場合は、ウィルス性急性肝炎、筋肉障害、血液疾患などの疑いがあり、LDHが1500IU/l以上なら、血液疾患などの疑いがあります。

 

 

 

若い、痩せているのに肝臓の数値が高めに出る

 

最近では、若くてアルコールを飲まないのに肝臓の数値が高くなる方が増えています。もしも、γGPTの値のみが高くなる場合は、非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)の疑いがあります。

 

肝臓は、アルコールに弱いイメージですが、糖質(炭水化物)や脂質が多いお菓子や、ポテトなどの食べ過ぎている方は、脂肪肝になっている可能性が高いです。肝臓の30%以上が脂肪になると、脂肪肝と呼ばれ、肥満ではなく、痩せていても、脂肪肝になります。

 

肝臓に原因がある様々な症状

 

肝臓は、自覚症状がないことが多いですが、進行すると以下のように、全身倦怠感・食欲不振・黄疸などの症状が現れます。

 

  • 疲れやすい・体がだるい(倦怠感)
  • 食欲不振
  • 微熱がある(発熱)
  • 尿の色が濃い
  • むくみ
  • 腹水
  • 黄疸(おうだん)
  • かゆみ

 

肝臓に良い食事や食べ物

 

一般的に、肉・魚・乳製品・大豆などの良質のたんぱく質は、肝臓の痛んだ細胞を修復します。また、反対に、ごはんやパンなどの炭水化物や甘いものをとりすぎないことや、油料理を控えるなど、適切なカロリー摂取が大切です。また、肝機能が正常化するまでは禁酒が大原則です。その他には、以下のようなものがあります。

 

  • 大豆:良質のたんぱく質で必須アミノ酸やビタミン、カルシウムなど栄養が豊富です。肝臓に良いとされるレシチンが多く含まれています。
  • にんにく:脂質の代謝を促すアリシンが豊富に含まれており、コレステロールや中性脂肪などを減らすはたらきを持っています。
  • ごま:抗酸化作用を持つセサミンやポリフェノール、ビタミンCが含まれており、血圧の上昇を抑える働きや疲労回復などの効果が期待できます。

 

タウリン

 

肝臓に良い食べ物は、タウリンを含む食べ物です。肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がります。

 

また、タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。さらに、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。

 

カキ、イカ、たこ、ホタテなどの魚介類(タウリン)に含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして肝臓(脂肪肝)を良くする働きがあります。

 

 

オメガ3

 

また、肝臓に良い食べ物として、コレステロールを下げる食品だといわれているオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の多い食事にするといいです。エゴマや青魚に多く含まれることで知られています。

 

 

スルフォラファン

 

ブロッコリー新芽由来の機能成分「スルフォラファン」が「γ−GTP」といった肝機能の数値を改善したという結果が確認されたそうです。

 

オルニチン

 

シジミエキスを摂取するという研究によれば、肝機能の数値であるγGTPの数値が改善されたそうです。